記事代行・記事外注サービスを比較!
主なライティング代行・記事作成外注サービスの特徴と料金・相場など

いま注目を集めているコンテンツマーケティングとは

記事・写真・動画などのコンテンツを作り、人をあつめて商品を売る販売戦略のこと。個人のアフィリエイトサイトだけでなく、企業が運営するネットショップやWebサービスの多くがコンテンツマーケティングの手法を取り入れている。このような需要があるからこそ記事代行というサービスが存在する。

コンテンツSEO用、バックリンク用と記載のある記事の品質について

コンテンツSEOとは、コンテンツのある記事サイトからリンクを張り検索順位をあげるという手法のこと。検索エンジンのアルゴリズムに対しての対策となるため、人に読ませるコンテンツというよりも、あくまでもアルゴリズムに対しての対策の一つという考え方の方が一般的です。つまり”コンテンツSEO向け”とか”バックリンク用”という記載のある記事作成代行は、記事の品質的は”ソレナリ”だと覚えておきましょう。

実際に利用した経験を踏まえて
個人的におすすめの代行・外注サービスはこちら

記事の品質にこだわるならワーカーが実名制の「Bizseek」は信頼度が高いですね。それ以外は実績のある「ココナラ」「ランサーズ」など「ライターを選んで頼める取引仲介サービス」がおすすめです。一般の方からプロのライターまで多数在籍しており、実績と口コミなどを参考にして選ぶことができます。相場的にも一番安くなる傾向にあるので、最初に検討してほしいサービスです。

コンテンツSEO向けの記事ならばCROWDビジネス」「ferretコンテンツライティング」など「専属ライターが記事を制作してくれるサービス」を検討してみましょう。決められた期間内で、大量の記事が必要な場合には最適な選択肢だと言えるでしょう。記事の品質にこだわるならば注文の際に「オウンドメディア向けの記事が欲しい!」など要望を伝えることをお忘れなく。

ライターを選んで頼める取引仲介サービス(クラウドソーシング)

注目サービス!
Bizseek(ビズシーク)
ワーカーは実名制で信頼度も高い!手数料も業界最安値クラス!

Bizseekは他社サービスと比較して新しいサービスです。Bizseekの特徴は2つ、一つはワーカーが実名制で信頼感が高いこと、二つ目は手数料が他社相場の半額と圧倒的に安いこと=結果的に依頼料金もリーズナブルになる傾向にあります。安くて実名制で信頼感のあるワーカーに依頼できる、どちらも大きなメリットであることは間違いありませんね。

  • 料金:1文字1円程度が相場。※ライターのスキル・記事の質で大きく変わる。
  • システム手数料:受注者負担5%~10%。※業界最安値クラス
  • サービス形態:クラウドソーシングサービス(取引仲介サービス)
  • 公式サイト:Bizseek

人気急上昇サービス!
ココナラ(coconara)

2012年に個人間での取引をメインとした、知識やスキルをワンコインで販売できるマーケットプレイスとして登場しました。その後、2017年には会員数50万人突破、取引件数100万件以上という大型クラウドワーキングサービスに成長しています。趣味のサイト作りの手伝いから、大掛かりなプロジェクトまで担当できる幅広いクリエイターが利用している。クレジットカード払い以外に、キャリア決済や楽天ID決済など多彩な支払方法に対応しているのも便利なうれしい。

  • 料金:500円~、比較的リーズナブルな価格で依頼可能。
  • システム手数料:受注者負担25%。
  • サービス形態:クラウドソーシングサービス(取引仲介サービス)
  • 公式サイト:ココナラ

ランサーズ(Lancers)

国内クラウドソーシングのパイオニア的存在。サービス開始は2008年と他社よりも運用実績が長いことも影響してかプロフェッショナルなライターがたくさん在籍している。ライターごとに受注実績・評価なども確認することもできて、一定の条件を満たす優秀な方は認定ライターというマークが表示される。大きな問題ではないが、時間帯によってシステムが重いのが若干気になる。

  • 料金:1文字1円程度が相場。※ライターのスキル・記事の質で大きく変わる。
  • システム手数料:受注者負担5%~20%。
  • サービス形態:クラウドソーシングサービス(取引仲介サービス)
  • 公式サイト:ランサーズ

シュフティ(shufti)

在宅ワークの主婦などをターゲットにしたクラウドソーシングサービス。登録者は一般の主婦などが多いので、リアルな声が聞けるという反面、文章力が拙いケースも十分考えられる。ライティングの仕事に関しては、応募が若干つきにくい傾向にあるが、目的に合致するよいライターを見つければ長期的に運用することもできる。

  • 料金:500円~、※実際には500円では厳しいかも!?
  • システム手数料:受注者負担10%。
  • サービス形態:クラウドソーシングサービス(取引仲介サービス)
  • 公式サイト:シュフティ

クラウドワークス(CrowdWorks)

国内最大級の規模を誇るクラウドソーシングサービス。とにかくワーカーの数が多いので、時間を掛けずに仕事を依頼したい場合にも優れている。簡単な仕事だけでなく、本格的なプロジェクト的なサイト作成・記事制作にも対応できるような人材も多く在籍している。記事作成に関しては「コンテンツライティング一括請負サービス」も提供しており、新規Webサービスのスタートアップなどにも十分対応することが可能です。

  • 料金:1文字1円程度が相場。※ライターのスキル・記事の質で大きく変わる。
  • システム手数料:受注者負担5%~20%。
  • サービス形態:クラウドソーシングサービス(取引仲介サービス)
  • 公式サイト:クラウドワークス

専属ライターが記事を制作してくれるサービス

おすすめ!
CROWDビジネス(クラウドビジネス)

ポイントサイトの「げん玉」などを運営する株式会社リアルワールドが記事作成代行サービス。制作する記事のクオリティは大きく分けて4種類、エントリープラン、ベーシックプラン、プロフェッショナルプラン、アンリミテッドプランから選択することができる。在籍ライターが多いので、大量受注や早期納品などにも十分対応してもらえる。

  • 料金:1文字0.8円。※コンテンツSEO向け記事
  • サービス形態:在籍ライターによる記事作成
  • 公式サイト:CROWDビジネス
最短3分!専用フォームから簡単に見積り・申込ができる
CROWDビジネスにはプロフェッショナルプランまでは、手軽に注文できる注文フォームが用意されており、記事のカテゴリやキーワードなどの詳細な設定を入れつつ簡単に注文することができます。文章タイプ(説明文、紹介文、体験談など)や文末表現(ですます調、である調、口語体など)、キーワードの記事内での数なども詳細に設定して注文することができる。

ferretコンテンツライティング

Webマーケティング、SEO関連のWebツールなどを提供している株式会社ベーシックが提供するサービス。記事代行サービスとしては大手サービスなので安心して利用することができる。当サイト管理人も利用した経験があるが、記事作成単価は業界最安値クラスだが記事の内容はオウンドメディアとしては利用は難しいという印象、コンテンツSEOに使うための形式的な文章としては十分利用できる。


Shinobiライティング

株式会社サムライファクトリーの「ウェブマーケティング事業部」から分社化された「CROCO(クロコ)株式会社」が運営するサービス。SEO対策をメインとした記事なので、記事のクオリティや”人”よりも”検索エンジン”を意識した内容だと判断することができます。コンテンツSEO・アフィリエイター向けの記事としての利用に検討してみましょう。

  • 料金:1文字1円。※コンテンツSEO向け記事
  • サービス形態:在籍ライターによる記事作成
  • 公式サイト:Shinobiライティング

アフィリエイト秘書.com

株式会社サクラボというホームページ制作代行会社が提供するサービス。ライティング代行だけでなく、コーディング代行など、専門性の高いWeb制作代行サービスも提供している。公式サイトでライターの募集を実施しているが、ライター経験者だけに募集を掛けていることからも一定以上のレベルの記事に期待することができる。

  • 料金:1文字0.8円。※コンテンツSEO向け記事
  • サービス形態:在籍ライターによる記事作成
  • 公式サイト:アフィリエイト秘書.com

記事作成代行ドットコム

2011年にサービスの提供を開始した、他社と比較しても運用実績のあるサービス。サービス形態は在籍ライターによる記事作成サービスで、女性のライターが多いのが特徴。記事作成の注文方法は、電話、メールによる無料問合せフォームより交渉をしたのち料金の提示があり契約に至る。SEOコンテンツ向けの記事だけでなく、オウンドメディア向けの高品質な記事も受注している。

  • 料金:SEOコンテツ用記事800円~、オウンドメディア・業向け記事は20,000円~
  • サービス形態:在籍ライターによる記事作成
  • 公式サイト:記事作成代行ドットコム

コンテンツウォーカー

2012年頃にサービスを開始しています。公式サイトには在籍ライターなどの情報が掲載されているが、若干古い情報が多く掲載数・更新頻度も低いという印象を受ける。こちらのサービスもアフィリエイターからの依頼が多いようで、新規顧客よりもリピーターとの取引がメインとなっているようです。

  • 料金:300文字275円、600文字540円、800文字740円、1000文字900円※バックリンク記事コース。
  • サービス形態:在籍ライターによる記事作成
  • 公式サイト:コンテンツウォーカー

テキスト記事作成サービス「サイバーネットワークス」

株式会社サイバーネットワークスが提供する記事作成代行サービス。記事作成代行サービス以外に「ブログ広告.com」という提携ブログに記事を掲載する有料サービスなども提供している。24時間いつでもテキスト記事が購入できる「テキスト記事の自動販売機」などを変わった販売方法も実施している。